【ストレス】生活習慣病はストレスによって発病リスクが上がる!?

誰にでもなりうる病気と言われている生活習慣病ですが、ストレスとも深い関係があることをご存じですか。

今回は、生活習慣病とストレスの関係について書いていきたいと思います。

生活習慣病とは?

生活習慣病とは日常の生活習慣が原因で引き起こされる病気の総称をいいます。

肥満や糖尿病、高血圧、癌、歯周病、脳卒中といった症状・疾患が生活習慣病といわれる代表的なものではないでしょうか。

これらの病気は大人だけではなく子供でもかかるリスクがあります。つまり、生活習慣病は年齢にかかわらず一人一人が意識していかなければならない病気であると言えます。 

生活習慣病になる原因は?

先ほど日常の生活習慣が原因で引き起こされる病気と言いました。

どのような生活習慣が原因になるかというと、偏った食事や運動不足、喫煙、飲酒が大きな原因とされています。遺伝的要素により生活習慣病にかかるケースもあります。しかし、このケースはとても少ないです。

これらの生活習慣にプラスしてストレスも大きな要因とされています。そのため、ストレスを減らすことは生活習慣病になる確率を下げることにもつながっていると言えます。

生活習慣病の予防方法とは

さまざまな理由により生活習慣病にかかるリスクは変わりますが、予防になる適切な生活習慣とは何かをいくつか紹介していきたいと思います。

・バランスの良い食事

我々の身体は毎日の食事により必要な栄養素を摂取しています。

栄養素の中には、身体を丈夫にする働きを持つものや、身体の調子を整える働きのあるものなどが多くあります。そのため、バランスの良い食事をすることによって健康な体を作ることで生活習慣病にかかるリスクを減らすことができます。

・適度な運動

いくら栄養のバランスが取れた食事を続けても運動をしなければ摂取したエネルギーが消費されず脂肪へと変わってしまいます。

脂肪が増えてしまうと、肥満になってしまい糖尿病などの生活習慣病につながってしまいます。

理想としては消費するエネルギー量を摂取したエネルギー量より上回らせるようにするのが良いです。

・禁煙する

喫煙は肺はもちろん全身に悪影響を与えてしまいます。さらに、血圧をあげてしまったり動脈硬化を促進させてしまうため、様々な病気を引き起こす原因になってしまいます。

そのため、禁煙をすることで病気になるリスクを下げることができます。

・飲酒を控える

お酒は適量であれば人間関係を円滑にしたり、ストレスの解消にも効果があります。しかし、大量に飲んでしまうと、肝臓に影響を及ぼしてしまったり癌になってしまうリスクが高まります。

さらに、アルコール依存症になるケースもあります。そうなってしまうと控えることが難しくなってしまうので、アルコール依存症になる前に飲みすぎないように意識することが大切です。

以上のように、普段の生活習慣を見直し改善していくだけで生活習慣病にかかるリスクを減らすことができます。

さらに、生活習慣の改善はストレスの解消にも関係しているものが多くあるためストレスにも強くなることが期待できます。ぜひ、生涯を健康で過ごすために早いうちから行動をしてみませんか。

【ストレス】コルチゾールの分泌バランスを整えよう!

コルチゾールって何?

 コルチゾールとは副腎皮質から分泌されるホルモンの一種で、ストレスを受けると身を守ろうとし急激に分泌量が増えることから「ストレスホルモン」ともいわれています。
 コルチゾールは「肝臓での糖の生成」や「たんぱく質代謝」、「脂肪の分解による代謝促進」などの働きをする大事なホルモンです。

コルチゾールが多く分泌されるとどうなるの?

 ストレスによる分泌量の増加はこれらの代謝のバランスを崩してしまい、体の様々な機能に影響を与えてしまいます。

例を挙げると、うつ病患者は健康な人に比べてコルチゾール値が高いということがわかっています。

コルチゾール分泌のバランスを保つにはどうしたらいいの?

コルチゾール分泌のバランスを保つ方法はいくつかあります。そこで、この記事では3つの方法を紹介したいと思います。ぜひ、取り組んでみてください。

・適度な運動をする
 コルチゾール分泌のバランスを整えるためには、運動(有酸素運動)が有効です。しかし、有効とは言ってもコルチゾールが減るわけではありません。ランニングなどの有酸素運動を行うことでストレスを感じてもコルチゾールの分泌量はわずかしか増えなくなります。さらに、運動には気分を良くする効果があります。以上のような理由から、ストレスを発散させるには運動が良いとされています。 

・栄養のある食事をとる
 コルチゾールは副腎から分泌されるのだが、長期的なストレスにより耐えられる限度を越えてしまうと副腎疲労が起こってしまう。そのままストレスが減らなければ副腎の機能が下がり分泌できるコルチゾールの量が減ってしまう。その結果、心身に不調が表れてしまう。そのようなことにならないように栄養のある食事をし、副腎疲労を起こさないようにすることが大事であるといえる。

・規則正しい生活習慣をおくる
 特に注意して頂きたいのは睡眠です。コルチゾールは朝に一気に分泌されて時間が経つにつれて徐々に減少していきます。しかし、睡眠をとらなかったり中也が逆転してしまっていると、コルチゾールが夜の間にも分泌されてしまいます。コルチゾールには目を覚ます効果があるため夜に分泌されてしまうと睡眠不足につながります。その結果、睡眠ストレスが溜まってしまいます。そのようにならないためにも、夜にしっかり眠ることができるように規則正しい生活習慣を送ることが大事です。

 今回、コルチゾールについての説明、分泌バランスの整え方について紹介してきました。ぜひ、コルチゾールについての知識を深めてストレスに負けない体作りを共に目指していきましょう!

【ストレス】屋外・自宅別ストレス発散方法をご紹介!

新型コロナウイルスによる長期間の外出自粛や「感染するかもしれない」という恐怖からなかなか外出が出来ないという人も多いかもしれません。
そこで今回は、屋外・自宅で行えるストレスの発散方法をそれぞれ紹介していきたいと思います。是非参考にしてみてください。

屋外でできるストレス解消法

自然に触れる
 自然に触れることで疲労回復やストレス解消効果が期待できる。木々の多い所に行ってみるのも良いしガーデニングをするのも良いです。


運動をする
 ウォーキングやランニングなど汗をかけるような運動が良いです。


ドライブをする
 外の景色を眺めながらの運転は気分もリフレッシュできます。


ショッピングに行く
 ショッピングもストレス発散に効果的です。ですが、買い過ぎには注意が必要ですね。

自宅でできるストレス解消法

音楽を聴く・歌う
 好きな音楽を聴きながら歌うことも効果があります。


お風呂に入る
 ゆっくりお湯につかるとストレス解消に効果があります。


寝てみる
 ストレス解消の基本は睡眠であるといわれるほど効果があります。


運動をする
 筋トレやヨガ、ストレッチを行ってみるのもいいかもしれません。


映画を見る
 映画を見て笑ったり泣いたりするとすっきりできます。


趣味に時間を費やす
 好きなことに没頭するのも良いストレス解消になります。


ペットと遊ぶ
 動物による癒し効果でストレス解消が期待できます。

以上のようにストレスを解消することが出来る方法はたくさんあります。
中には空いた時間で手軽に行えるものもあるので、是非やってみてください。